「吾妻鏡」と伊達郡国見町・「阿津賀志山の合戦」~中世最大の戦い~  VOL.17

(1)伊達郡「国見町」中世最大の古戦場跡へ 「吾妻鏡」(あづまかがみ)という鎌倉時代に書かれた歴史書があります。鎌倉幕府の初代将軍・源頼朝から第6代将軍・宗尊親王まで6代の将軍記という構成で、治承4年(1180年)から文永3年(1266年)までの事績が記載されています。  その「吾妻鏡」の中に、奥州平泉藤原氏の4代藤原泰衡を総大将とする「藤原軍」と源頼朝が率いる「鎌倉軍」が戦った奧州合戦の最大の激戦地の事が書かれて...
 07, 2016 23:48    0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。