スポンサーサイト
  •  --, -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
電子テキスト「心身経営学」講座・哲理編Vol.7.8アップロード
「心身経営学」第10講・第11講を収録。3色表記でわかりやすい。A4・27ページ。
第10講では「仏教哲学」の核心「唯識」について解説をしている。仏教哲学を「経営」に応用するとどうなるかという、革新的なアプローチである。「経済学」や「金融工学」などが何故、その法則に絶対性が無くなったのが「アーラヤ識」から説き起こす。
第11講では、「聖」と「俗」仏者の物語としてもクマラジーヴァ・鳩摩羅什と玄奘三蔵を取り上げた、三蔵法師は「西遊記」でおなじみであるが、実際は強靱な僧であった。一方羅什は、現在我々が御世話になっている「法華経」漢訳者である。今から1600年も前の訳を今でも我々は利用している。天才の苦悩、聖と俗の大きな間でもがき苦しんだ一生である。仏教の広大無辺なフィールドは、我々を様々な思考に誘ってくれるのだ。
講読はここからhttp://www.dlmarket.jp/product_info.php/products_id/84550?osCsid=hb80a8la394khn0gpanmp383a3/sort/8d/

Comment - 0

What's new?

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。