春吉省吾・平成27年度上梓計画

今年度の春吉省吾「新刊予告」のDMの一部分をお知らせ致します。
お世話になった方々へお送りした、DM葉書の記事の4分の1です。
これは私の予定のほんの一部ですが、以下はかなりハードなスケジュールです。

●「夏の熾火」(上・下) 〈平成27年7月上梓予定〉
紀州藩に仕えた、三人の天才弓術家、吉見台右衛門葛西薗右衛門、和佐大八郎の生涯を描きます。政治に翻弄されながら、それぞれの弓道(弓術)を目指す苦悩を活写。本格的弓道小説書き下ろしです。
●「風浪の果てに」〈平成27年11月上梓予定〉元福島藩士、沼崎吉五郎の半生を描く。
運命の歯車が狂い、吉五郎は次々と窮地に陥る。伝馬町の獄舎に囚われ、牢名主となったがそこで吉田松陰と出会う。松陰処刑の前日遺書「留魂録」を託される。その後吉五郎はいかに……。

他にキンドル版の校正上梓
●超長編小説「永別了香港」一人の日本人の活躍を通し、返還前の本当の「香港」が活写されています。一度読み始めるとノンストップの面白さです。(全11章の超長編)
●詩集「密やかな出航」(二十歳の詩集)春吉省吾20歳の時に上梓したみずみずしい詩集です。

補助スタッフ10名以上必要なところですが、取材から執筆、編集、デザイン、HP・ブログ、PR、販売、発送、まで全て独りで作業しております。誰も出来ない事を何とかやり遂げようと今年も頑張る所存です。

Comment 0

What's new?